着圧ソックス 丸まる

着圧ソックス丸まる

[jin-yohaku20]

ここでは、着圧ソックスが丸まることについて詳しくまとめています。

  • 履くと丸まるのはなんで?
  • 丸まったまま履くデメリットは?
  • 丸まるときの対策方法は?

について説明していきますので、気になった方は参考にしていただけると嬉しいです。

着圧ソックスを履くと丸まる原因は?

着圧ソックスを履くと丸まる原因は?

[jin-yohaku20]

  • 丸まるのは、主に4つの原因があると考えられます!

着圧ソックスを履いていて丸まってしまうときは、

  • サイズが合っていない
  • 間違った履き方をしている
  • 激しい動作や上に履くもの
  • 商品が劣化している

[jin-yohaku30]

が原因の場合があります。

丸まりにくく履きやすい>>脚やせ効果があるおすすめ着圧ソックス

それぞれチェックしてみましょう。

[jin-yohaku30]

サイズが合っていない

サイズが合っていない

[jin-yohaku20]

  • 足の長さや太さとマッチしていないと、着圧ソックスがズレやすくなっている!

サイズが合っていないままで履いていると、

  • ブカブカだと下にずれる
  • キツい・短いと縮まろうとする

[jin-yohaku30]

ため、すぐに丸まってしまうケースが考えられます。

なので、サイズが合わないと履いている時に、着圧ソックスが正しい位置でキープできないため、丸まりやすくなります。

[jin-yohaku50]

間違った履き方をしている

間違った履き方をしている

[jin-yohaku20]

  • 上に引っ張りすぎると、着圧ソックスが戻ろうとしてしまいます!

本来は、膝上までしっかりとカバーされて、太ももの位置でキープされるのが正常な履き方なのに対して、太ももが隠れるくらい上に上げてしまっている方も少なくありません。

太ももまでの一般的な着圧ソックスの位置は、

  • 太もも(膝から約20cm程度)

[jin-yohaku30]

なので注意しましょう。

もしそれ以上、上まで引き上げる事が出来ない、定位置だとシワができてしまう場合は、太ももの長さが合っていないという原因が考えられます。

単純に履き口の位置が悪いだけで、着圧ソックスが丸まる原因になってしまうときもあります。

2種類の履き口が選べる>>オヤスリムプラチナイトの効果や口コミ評価

[jin-yohaku50]

激しい動きや上に擦れやすいものを履いている

激しい動きや上に擦れやすいものを履いている

[jin-yohaku20]

  • 下に縮もうとしたり、擦れたりすることでも、着圧ソックスは丸まりやすくなります。

着圧ソックスは、夜寝るときや日中に履くなど様々なシーンで使えるわけですが、

  • 頻繁に立ったり座ったりする
  • よく歩く、運動する
  • 上に履いている布類と擦れる
  • 寝返りを打ちやすい

[jin-yohaku30]

等によっても、丸まってしまう事があります。

動きによって下に縮もうとしてしまいますし、上に履いているものや寝具などと擦れたりすることでも丸まりやすくなります。

[jin-yohaku50]

商品が劣化している

商品が劣化している

[jin-yohaku20]

  • どんな着圧ソックスでも、使用するごとに加圧が弱まってゆるくなってきます。

着圧ソックスにも寿命があり、使用期間や使用頻度、洗濯の仕方など取り扱い方によって、徐々にゴムが緩みやすくなってしまいます。

また、使うたびに摩擦により着圧ソックスの生地が傷む原因になっているのです。

ゴムが緩く感じたら、商品の劣化で丸まることもあると考えておきましょう。

[jin-yohaku30]

丸まる原因のまとめ!

  • サイズ
    →長さ・太さが合っていない、ズレたり縮まったりする
  • 履き方
    →上に引っ張りすぎなど履き口の位置が悪い
  • 動き・擦れ
    →下に縮もうとする
  • 商品の劣化
    →ゴムの緩み、生地が傷んでいる

[jin-yohaku50]

着圧ソックスが丸まることで起きてしまうデメリット

着圧ソックスが丸まることで起きてしまうデメリット

[jin-yohaku20]

  • 丸まった状態だと、脚をケアできないどころか、逆効果になっているかもしれません!

脚やせして美しく整えるためや、むくみを軽減させるための効果が得られるはずの着圧ソックスですが、丸まることで意味をなさないこともあります。

せっかく通常の物ではなく、着圧タイプを選んで使用しているのに、丸まった状態で使用している事で起こるデメリットについて解説していきますね!

[jin-yohaku30]

太ももまで着圧されない

太ももまで着圧されない

[jin-yohaku20]

  • 圧がかからないため効果がでない!

本来太ももの一番上に来る部分が丸まってしまうことで、均一に圧が掛かるはずの機能が正常に働かなくなってしまうのです。

太もも部分が着圧されないと、着圧ソックス全体の効果が薄れてしまう可能性もあります。

[jin-yohaku50]

脚が太く見えてしまう

脚が太く見えてしまう

[jin-yohaku20]

  • 丸まる箇所のせいで、脚がより太く見えてしまいます!

丸まったところが凸凹になってしまい、その上にボトムスなどを重ねた場合に形状が乱れて、より足が太く見えてしまうデメリットがあります。

せっかく快適さを求めて、より美しい脚に整えるために着圧ソックスを選んだはずが、凸凹して足がボコボコした状態で着用するのでは、勿体ないですよね。

[jin-yohaku50]

締め付けがきつく圧迫しやすい

締め付けがきつく圧迫しやすい

[jin-yohaku20]

  • 痛みや血流の悪化が生じてしまいます!

適度に圧が掛かるように計算されて作られた、着圧ソックス本来の機能が働かず、圧が必要以上にかかりすぎた状態で着用することになってしまいます。

長時間丸まった状態で着用していると、締め付け感が強く、痛みや血流の悪化にもつながる可能性も高くなります。

快適な着圧感>>脚やせ効果がおすすめの着圧ソックス

[jin-yohaku50]

違和感や不快感がある

違和感や不快感がある

[jin-yohaku20]

  • 丸まった部分が、気になったり、かゆくなってしまうこともあります!

丸まった部分の違和感で気になってしまったり、圧が強くなるため皮膚に強い刺激を感じやすくなり、着用時や脱いだ際のかゆみがあったりと、不快感を作ることになってしまいます。

[jin-yohaku50]

丸まるデメリットまとめ!

  • 着圧されない
    →太もも到達しないため、全体の効果が薄れる
  • 脚が太く見える
    →凸凹によって足がボコボコする
  • 圧迫する
    →圧が必要以上にかかり痛みや血流の悪化にも
  • 違和感や不快感
    →強い刺激・かゆみなど感じやすい

このように、着圧ソックスが丸まった状態で着用することによって、多くのデメリットが存在します。

効果が無いだけならまだいいですが、逆に身体に害をもたらすことも考えられますので、特に注意しないといけません。

そういったデメリットが起きないよう、着圧ソックスが丸まるときの対処法について説明していきますので、ぜひ参考にしてみましょう。

[jin-yohaku50]

着圧ソックスが丸まるときの対策方法は?

着圧ソックスが丸まるときの対策方法は?

[jin-yohaku20]

  • サイズや履き方、お手入れなどに注意しましょう!

それでは、丸まらないための対策方法を紹介していきます!

[jin-yohaku30]

ワンサイズ大きいものを選ぶ

ワンサイズ大きいものを選ぶ

[jin-yohaku20]

  • 少し大きめで生地が戻ろうとしないサイズがおすすめです!

圧迫感が強い着圧ソックスを長く着用すると、使用感も不快に感じやすくなってしまいます。

また前述したように、太もも部までしっかりと引き上げられずに丸まる原因になってしまうのです。

サイズを選ぶときのポイントは、

  • つま先~かかとまでのサイズが合っている
  • 着用した状態で足首から先を上下に動かして、ずれたりよれたりしない
  • 着圧感がきつすぎず、手の人差し指が履き口から1本入る程度のゆとりがある

[jin-yohaku30]

となります。

とくに、丸まりやすい太ももまでの長さと太さのサイズ感が重要です。

サイズ展開が豊富>>脚やせ効果があるおすすめ着圧ソックス

[jin-yohaku50]

上げすぎない

上げすぎない

[jin-yohaku20]

  • 太ももは膝から約20cm程度の位置であることと、全体のシワに注意しましょう!
  • より広範囲をサポートさせたい
  • より強く引き上げた方が効果を得られやすい

[jin-yohaku30]

と思って引っ張り上げすぎてしまうと、丸まってしまい本来の効果が薄れてしまうケースがあります。

また、縦のストレッチが強く掛かることで形状が乱れてしまい、上部のゴム部分が丸まりやすくなってしまいます。

履いた後に均等なのかシワを確認したり、軽く脚を曲げるなどして、太ももの位置が合っているかチェックしてみましょう。

[jin-yohaku50]

上から履く服でカバーする

上から履く服でカバーする

[jin-yohaku20]

  • 上からピチッとしたタイプの服を履いて丸まらないようにすることも可能です!

真夏にタイツを重ね履きするのは、気候的にムリがあると思いますが、真冬には美脚やむくみ改善の効果を期待しながら、防寒対策にもなりますね。

新しく服を購入する際にも着圧ソックスを履いた状態で、試着して丸まらない感じを確認してみるのもお勧めです。

[jin-yohaku50]

ヘアゴムなどで縛る

ヘアゴムなどで縛る

[jin-yohaku20]

  • 丸まってしまう着圧ソックスの上部を上から巻き付けて止める方法もあります。

けれども、あまり強く締め付けてしまうと着圧ソックス本来の、適度な圧が掛からずに締め付けすぎになってしまうので、注意することも必要です。

締め付け過ぎに注意しながら、買い替えまでのサポート的な対処としてお勧めします。

[jin-yohaku50]

ソックタッチなどで固定させる

ソックタッチなどで固定させる

[jin-yohaku20]

  • 緊急時に使用したい時にお勧めです!

ルーズソックスが流行した頃から店頭で販売される様になった、ソックタッチですが、その名の通り、肌に直接塗れる液状タイプの糊です。

お出かけ先で丸まって下がって来てしまう・・・という場面で、一時的な対処法として使用できます。

ですが、毎日着用するために使用していては、お肌のダメージにもつながる場合もあります。

緊急時やどうしてもという時に、一時的な対症法とし活用してみてくださいね。

[jin-yohaku50]

洗濯機をやめてやさしく手洗いをする

洗濯機をやめてやさしく手洗いをする

[jin-yohaku20]

  • 手洗いをすることで、繊維のダメージを防ぎ、着圧ソックスが丸まるのを防ぐことが可能です!

どうしても洗濯機で洗う場合には、ランジェリーネットを使用して専用洗剤を使用した上で、優しく洗う洗濯コースを選んで、洗うのを強くお勧めします。

着圧ソックスは補整下着や高級ランジェリーなどと一緒で、ランジェリー専用の洗剤を使用して、ぬるま湯で優しく手洗いをして、タオルなどで挟んで手押しをして脱水してあげると、より繊維を傷めずに長期間、良い形状を保つことが出来るのです。

上手な洗濯方法>>長持ちする着圧ソックスの洗い方

[jin-yohaku50]

丸まるときの対策法まとめ!

  • ワンサイズ大きいもの
    →丸まりやすい太ももまでの長さと太さに注意
  • 上げすぎない
    →太ももの位置を合わせる(膝から約20cm程度)
  • 上から服でカバー
    →ピチッとした服で上から食い止める
  • ヘアゴムで縛る
    →丸まる場所を縛る、締め付けすぎには注意
  • ソックタッチで固定
    →緊急時やどうしてもという時に使う、お肌のダメージに注意
  • 洗濯
    →繊維にダメージを与えないよう手洗い

[jin-yohaku50]

着圧ソックスが丸まるときのまとめ

着圧ソックスが丸まるときのまとめ

[jin-yohaku20]

おさらいすると、

  • サイズ、履き口の位置、動きや擦れ、商品劣化などが原因
  • 効果が薄れる、脚が太く見える、圧迫で痛みや血流の悪化、強い刺激・かゆみなどのデメリットがある
  • ワンサイズ大きく、太ももの位置、ピチッとした服を着る、ヘアゴムやソックタッチ、洗濯のやり方で対策できる

[jin-yohaku30]

といった感じでした。

着圧ソックスを丸まった状態で履くことは、脚やせやむくみケアのためにはよくありません。

ですので、上記の内容を一度確認してみて、解決できる方はやってみてください。

[jin-yohaku50]

タイトルとURLをコピーしました